学生ボランティアの声の記事一覧

誰かの心の居場所になるために(大学生ボランティアの声)

こんにちは!CFCブラザー・シスター(ブラシス)の永沼美智です。今回は、私がCFCの活動を始めたきっかけと、C […]

仲間の支えが「何もできない自分」を変える(大学生ボランティアの声)

CFCでブラザー・シスター(ブラシス)として活動している佐々木晃子(尚絅学院大学2年)です。7月に入り、仙台で […]

子どもが悩みを持った時に打ち明けてもらえる信頼関係を築きたい(大学生ボランティアの声)

こんにちは、CFCブラザー・シスター(ブラシス)の矢内志歩です。 私は、3人の子どもと面談を行っています。その […]

子どもにとって「悩みを打ち明けられる相手」の選択肢になるために(大学生ボランティアの声)

CFCブラザー・シスター(大学生ボランティア)の前田諒です。 日頃から子どもたちと接している私たちブラザー・シ […]

「震災を乗り越えるためにすべてをかけた大学生活」-3.11と大学生ボランティア

CFCの大学生ボランティア(ブラザー・シスター)は、定期的に子どもたちの進路・学習相談にのり、陰ながら子どもた […]

「今度は私が誰かのために役に立つ番」大学生ボランティアと3.11

みなさんこんにちは!CFCブラザー・シスターの宮城教育大学2年 西村春香です。仙台でも春らしい気候の日が増えて […]

「年上だから」ではなく「年が近いから」こその特別な関係ー大学生ボランティアと3.11

皆さんこんにちは。CFCブラザー・シスターの東北学院大学3年仁井田名月です。今年度も残りわずかとなり、卒業の季 […]

もっと子どもたちに寄り添うために、自分にもできること-大学生ボランティアと3.11

大学生ボランティアの田野下洋介(東北学院大学3年)です。私たちは定期的な面談を通して、クーポンを利用している子 […]

「被災者」ではなく、「未来を支える一員」として

皆さん、こんにちは。東北学院大学3年の長谷川光です。私は、大学1年生のころからCFCブラザー・シスターとして子 […]

震災から6年、忘れないでほしいこと~子どもたちの声を聞いて~

CFCブラザー・シスター(大学生ボランティア)の坂井ゆりあです。 私は震災の翌年の2012年からCFCで子ども […]