子どもの声の記事一覧

苦手だった算数が分かるようになって、勉強が楽しい(小学生からのお手紙)

2017/09/25

CFCでは、東日本大震災での被災や、家庭の事情により経済的な困難を抱える子どもたちに教育クーポンを提供し、子ど […]

アトピーで苦しんでいる人を助けてあげたいから、皮ふ科の医者になりたい(小学生からのお手紙)

2017/09/08

CFCでは、東日本大震災での被災や、家庭の事情により経済的な困難を抱える子どもたちに、教育クーポンを提供し、子 […]

「母子家庭で育ててくれた母や祖父母に恩返しができるよう、勉強をがんばりたい。」(中学生からのお手紙)

2017/07/15

CFCでは、東日本大震災での被災や、家庭の事情により経済的な困難を抱える子どもたちに教育クーポンを提供し、子ど […]

「医者になり大好きな生まれ育った町を元気にしたい」(中学生からのお手紙)

2017/06/07

CFCでは、東日本大震災での被災や、家庭の事情により経済的な困難を抱える子どもたちに教育クーポンを提供し、子ど […]

避難所で経験した『食のありがたさ』。管理栄養士になって、みんなを料理で笑顔にしたい(子どもの夢)

2017/05/14

CFCでは、熊本地震で被災した子どもたちに教育クーポンを提供し、子どもたちの学び機会をサポートしています。子ど […]

「国際機関で働いて、東日本大震災時の恩返しをしたい」(高3女子/宮城県仙台市)

2017/04/27

CFCは、これまで東日本大震災で被災した子どもたち延べ1400名以上に学習塾や習い事で利用できるバウチャー(ク […]

クーポン利用者卒業生のいま「次は僕が夢を与える番」

2016/10/03

掛け声が飛び交うなか「スパン!」とボールがグローブに収まる音が響く。国立O大学のグラウンド。4月に入学し、創部 […]

クーポン利用者卒業生のいま 「苦学生だけど、希望がある」

2016/07/31

ビルが立ち並ぶオフィス街で、リクルートスーツが似合う逞しい青年が足早に歩いていた。現在、大学4年生で就職活動の […]

震災をきっかけに看護師になることを決意。夢を叶えるために看護学校に進学(2014年度クーポン利用者卒業生)

2016/05/03

>子どもたちを支援する方法を見る 東日本大震災から5年が経ちました。震災時、私は中学2年生で学校にいました。次 […]

震災時に支えてくれた世界中の方々に感謝の言葉を「英語」で伝えたい(小学6年・宮城県石巻市)

2016/04/14

今月で震災から5年が経ち、あのとき小1だった僕は先週小学校を卒業しました。 あの日の夜、高台にある避難先から見 […]